高原の小さな家で快適別荘ライフ

エスネルデザインさん設計による、小さくて高性能な住宅を別荘地に建設中です。夫婦2人で八ヶ岳の自然に囲まれた生活が始まるのももうすぐです。

八ヶ岳山麓の別荘地に、高気密高断熱・耐震等級3の長期優良認定住宅を建設中!

新居に入居後も5月中にみぞれが降り、0℃まで外気温が下がった日がありました。こんな寒い日でも、わが家は6畳用のエアコン1台で家じゅう隅々まで寒さ知らずです。
IMG_20240511_054728
※早朝、家の周りはガスっています

さすがに窓ガラスが結露?!
こんな寒い朝はさすがに窓ガラスが結露している・・・と思いきや、よく見ると結露しているのは窓の外側! 内側は全く結露していません。
IMG_20240511_052951
これまで住んだ住居(実家の戸建てやマンション、アパート)では、0℃まで気温が下がるような日に暖房を使っていれば、間違いなく窓の内側が結露していました。というか結露して当たり前、という感覚でした。

ところが新居では窓の内側はまったく結露しないのです。高気密高断熱住宅、かつトリプルガラスの樹脂サッシ窓の効果を早速実感した日でした。

この家の真の実力はこんなものではないはず。居住地は厳冬期に-15℃以下になる寒冷地なので、高気密高断熱住宅の真価を発揮するのは次の冬までお預けです。

ちなみに昨冬を過ごしたアパートでは
引越し前に下伊那で住んでいたすかすかの安アパートでは、厳冬期の窓はこんな有様でした。
IMG_20230126_081322
複層ガラス窓の内側がバリバリに凍ってます。窓ガラスはもちろん、サッシ部分も酷かったです。
IMG_20230126_081304
いかにも低気密低断熱住宅を象徴する現象でした。


すかすかアパートではあれこれ寒さ対策に知恵を絞ってました。もうそれも過去の話です。

よろしければ読者登録下さいまし<(_ _)>
にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへにほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
 移住生活ランキング 
 田舎暮らし ライフスタイルブログ・テーマ田舎暮らし

#高気密高断熱住宅
#トリプルガラス
#樹脂サッシ
#窓の結露



信州の別荘地に完成した新居に引越しして1ヶ月が経ちました。家の引き渡しから現在までを振り返ってみたいと思います。

新居引渡し
5月1日に新居の引き渡しが行われました。
IMG_20240501_090313
※引渡し当日は薄暗く雨交じりで、今後の我が家を象徴する様な天候?

まず、設計と施工管理をして頂いたエスネルデザインさんから説明があり、24時間換気システムの風量測定結果に基づく、吸排気の適切な調整レベルを教えて頂きました。
次に電気屋さん、設備屋さんからそれぞれご説明があり、最後に工務店さんからご説明と、忘れてはならぬ最後のご請求書(家の残金)を頂きました、ひぇ~。

そして玄関の純正キーを貰って、それで開け閉めするとあら不思議! それまで使っていた工事キーが使えなくなったのでした。てっきりドア側のシリンダーを交換すると思っていたのですが、そんな手間なく純正キーに切り替わるんですね。
IMG_3413
※純正キーを差し込む施主1と、驚く施主2

むしろ寂しい・・・かも
工事期間中も、3月後半から4月にかけて珪藻土塗装のために毎日出入りしていたこともあり、お引渡しで「劇的ビフォーアフター」の様な新鮮な感激はなかったです。
むしろ工事関係のすべての方が帰られて家の中がしんとすると、寂しさを感じました。常に誰かが作業されて人の出入りに馴染んでましたからね。

お世話になった大工さん、左官屋さん、電気屋さん、工務店の現場監督、そして一番最初から最後まで関わって頂いた設計士のエスネルデザインさんともこれで一区切りがついて、次にお世話になるのは点検時? 何か困ったとき、でしょうか。
それぞれの方に感謝と寂しさを感じる複雑な気持ちになりました。

GWに引越し
ゴールデンウィーク最終日に新居に引越ししました。意外とGW期間中の引越しは少ないそうで、その中でもGW最終日は最も不人気だったようです。トラック便に空きがあり、お値打ちに引越しが出来るとのことで、我が家は迷わずその日を申し込みました。

引越し当日はトラック2台(1トン半と2トン車)に、別のお客さんの引っ越し荷物も混載でした。
IMG_20240506_133521
この荷物の量で済んだのは、まだアパートに大物(本棚類や鉢植)を残してあったからです。後日、2トン車のレンタカーで自ら運びました。

新居に住み始めて
引越し後も新しい家に住む嬉しさ反面、この段ボールの山を片付けるのか~と、うんざりしてました。新居を整えるためにやる事が山のようにある!という切迫感で、気持ちに余裕がなかったです(引越しが大嫌いなので!)。
ブログもなかなか書き出せず・・・ご報告がすっかり遅くなりました。

新居の良さを実感できる余裕が出てきたのは、引越し直後よりも家が多少片付いてからじわじわと・・・それはこの後ご紹介していきたいと思っています。


宜しかったら読者登録下さいまし<(_ _)>
田舎暮らし ライフスタイルブログ・テーマ田舎暮らし
にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへにほんブログ村
移住生活ランキング
 ブログランキング・にほんブログ村へ

#引越し
#移住
#別荘地

いよいよ新居の引き渡しが近づいてきました。と、同時に住宅ローン「フラット35」の最終審査に向けても準備を進める事に。しかし・・・

引渡し前に転出転入
家もまだ完成しておらず、もちろん工務店さんから引渡しもされていません。それなのに、ローンの最終審査申込のために新住所の住民票が必要と言われました。
1517026_s
その為、引越し予定の3週間前に早々と仮住まいから新居の自治体に転入転出手続きをとりました。まだしばらく仮住まいアパートに住むのに、住民票は既に新居になってます。早すぎでは?

フラット35の不正利用対策?
少し前に、投資用物件購入に金利の安いフラット35を借りさせる業者の悪質手口が問題になりました。その対策に「本当にローンの借主本人が住むのか? 住むなら証拠を」と、ローン最終審査前に新居の住民票を提出させるのかな、と思いました。
5023459_s

結局、完了検査済書待ち
斯様な背景で金融機関にせかされ、家が完成する1週間以上も前に慌てて転入転出手続きをとりました。が結局、新居の完了検査済書が発行されなければローンの最終審査には入れません。
現在、完了検査待ちなので、こんなに急いで転出転入する必要は無かったのでは?


ローン審査中も色々と理不尽を感じる事がありました。

宜しかったら読者登録下さいまし<(_ _)>
  にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
にほんブログ村

マイホームランキング

#不動産売買
#住宅ローン
#住宅建築
#フラット35
#完了検査
#住民票
#完了検査済書
#住宅ローン審査




このページのトップヘ