高原の小さな家で快適別荘ライフ

エスネルデザインさん設計による、小さくて高性能な住宅を別荘地に建設中です。夫婦2人で八ヶ岳の自然に囲まれた生活が始まるのももうすぐです。

カテゴリ: アウトドア

2月中旬のある日、久し振りにワイスホルンにお手軽山スキーに出かけました。

記録的高温
厳冬期にニセコに来たはずが、2月としては異常な暖かさに見舞われてしまいました。連日、降雪がなくて風強く、ゲレンデが面白くない状況です。そこで初日から山スキーに行くことにしました。

朝から異様な暖かさで最低気温も氷点下になりません。3月末くらいの季節感です。そこで宿主さんからおすすめ頂いた、同じニセコエリアのお手軽ワイスホルンに行くことにしました。雪崩の心配もない、良い山です。
IMG_20240214_095007

登りやすいワイスホルン
除雪の終点に車を停め、橋を渡って緩い斜面に取り付きました。我々以外誰も入山しておらず、数日前と思われるトレースが残るのみ。
IMG_20240214_103449
ワイスホルンは登り始めが特に緩く、徐々に傾斜が強くなるので、運動不足&山スキー初日としては非常に有難いです。それでも登り始めると予想以上に暑く感じます。もうすっかり春スキーの感じ・・・

林の中で手早く昼食
けっこう風が強いので、影響を受けない林の中を登っていきます。
IMG_20240214_111023
林のあるうちに途中で昼食。
IMG_20240214_114802
基本、温かいカップ麺などを体が冷える前に手早くかき込みます。
IMG_20240214_114340
(アレルギーで)カップ麺が食べられない私は、朝の内にスープジャーに仕込んだオートミール入りの味噌スープ。大豆ミート入りです。

下山開始!
この日は山頂を目指すことなく、遥か手前の廃線リフト降り場のある森林限界まで。そこから滑って下山します。
IMG_20240214_122640
※更に登ればまだまだ滑走距離が稼げますが・・・

風でモノを飛ばされないように気を付けつつ、シールを剥がします。
IMG_20240214_122537

いざ滑ってみると
登っている途中から嫌な感触はありましたが、高温で重く固まった雪が更にウインドクラストして、非常に面白くない雪質になってました。
IMG_20240214_123235_16
※羊蹄山を見ながら滑れます…この日は春霞(?)でうすらほんやりしてました

こんな雪質では私の足前では歯が立たず、まともに板が回せないのでへっぴりボーゲンで延々降る羽目になりました。だんなもジャンプターンで降りるしかなかった、とか。
だから我々以外は誰も入山していなかったのか~
DSC_0671
※ホント、難しい雪でした。太腿にキマシタ。

元ゲレンデだけあって本来なら広くて快適、そこそこの斜度の斜面を楽しく滑れるのですが・・・残念。でも、羊蹄山やニセコ連峰を見ながら、今日はワイスホルンが貸し切りだー!と思えたのは良かったです。

この後、ニセコ花園で滑っていた友人をピックアップして宿に帰りました。


山スキーは昨シーズンの本貫気別岳以来でした。

宜しければ読者登録下さいまし<(_ _)> 
 田舎暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
田舎暮らし

#山スキー
#バックカントリー
#ワイスホルン
#ニセコ

11月のある晴れた日、3県境の山「三国山」に登ってみました。

どこの3県境?
南信州に住んでいる間に行っておきたかった山。それが長野県と愛知県と岐阜県の3県境に位置する「三国山」でした。3県境だから三国山って、まぁ、ベタなネーミングですね。

長野県側は下伊那郡根羽村に位置します。
IMG_20231108_105249
※登山口には「クマが出る」とか「立ち入り禁止」とか、物々しかったです

登山口は明記されておらず、分岐からしばらく林道を歩きます。終点から登山道に入り、モトクロス練習場の脇を登っていくと山頂がありました。

地味な山頂
山頂は森の中で、全く眺望はありません。森の中に山頂を示すお手製の標識がありました。
IMG_20231108_111444
想定はしていましたが、やっぱり地味過ぎる・・・。それでも標高は1161mあります。
IMG_20231108_111457
ふう~ん、そうなんだ・・・

インパクトある亀甲石
登山口に近くには名所っぽく囲われた「亀甲石」がありました。
IMG_20231108_105131
※山頂より亀甲石の方がインパクト感じました

玄武岩の柱状部分が一部だけ取り残されて、亀甲状になってます。どこからどうやってここに運ばれてきたのか不思議です。

長野県で一番の大杉
あまりにもすぐ終わる登山だったので、帰りには根羽村にある大杉を見て帰りました。これも見ごたえありました。幹の直径が2mあるそうです。
IMG_20231108_121343
矢作川沿いの神社の境内にあり、ご神木とされていました。
以上、根羽村半日観光に丁度いい感じでした。


その前に登った山というと、遺跡巡りついでに立ち寄った飯田市上久堅の名峰「神之峰」かな?

宜しかったら読者登録下さいまし<(_ _)>
 田舎暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
田舎暮らし

#三国山
#3県境
#根羽村
#ゆる登山
#大杉




この夏の終わりに、蓼科高原の大滝キャンプ場に行ってきました。今夏も変わらず、静かで爽やかなひと時を過ごしました。

まさかの貸し切り状態
平日とは言え8月末だったのでそれなりにお客さんがいるかな、と思っていたら、まさかの貸し切り状態でした。この日の宿泊客は私一人でした。
IMG_20230830_165640
お陰で好きな場所にテント張り放題です。

とはいえ、いつも使わせて頂くテントサイトにこじんまりと張りました。
水場にほど近く、すぐ横に車も停められる便利な場所をお借りしたので、ほぼオートキャンプと言っても過言はありません。
IMG_20230830_165621
※今年も大滝キャンプ場は静かで爽やかです。癒されるぅ~!

キャンプ飯は手抜きですが
今回も新居建設予定地の草刈りついでのキャンプなので、キャンプ飯は簡単にレトルトカレーです。
IMG_20230830_181003
ご飯だけは1合炊いたので、翌朝は雑炊にして頂きました。

今回は焚火を・・・
私はお酒を飲まないし、ソロキャンプだと凝った料理も面倒なので、何もしないと夜がヒマ過ぎます。このままだと暗くなる19時には就寝するしかありません。そこで
今回は、行き掛けにホームセンターで薪を一束買っていきました。

で、夕食の準備と共に薪に火を点けて、焚火を開始。お茶でもすすりながら、時々、薪をくべてぼーっと火を眺めていると、それだけであっという間に夜がふけていきました。
IMG_20230830_183206
コメリの広葉樹の薪が結構優秀で、火の持ちがすごく良かったです

夜中は寒かった~
焚火に当たって丁度良い気温だっただけあって、夜中は結構涼しかったです。夏用シュラフで、薄着で寝ていたら(私には)寒くて、何度も目を覚ましました。
この日の最低気温は13℃だった模様。さすが標高1,300mだけあります。

斯様な環境なので、酷暑の夏の夜に静かに焚火を楽しみたいなら、大滝キャンプ場はおすすめです。
管理人さんのお人柄にも癒されますし、利用料金は変わらず1人1,000円と、懐にも優しかったです。
今年も10月末まで営業される予定だそうですよ。


昨年も大滝キャンプ場にはお世話になりました。近場の登山や、蓼科高原観光のベースにも!


宜しければ読者登録下さいまし<(_ _)>
  田舎暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
田舎暮らし

#キャンプ
#蓼科高原
#大滝キャンプ場
#テント
#モンベル
#ステラリッジ
#焚火
#ピコグリル

5年ぶりに百名山と銘打たれた山に登りました。百名山中、最難関とされる剣岳2,999mです。

14食分の食料を持って
8月に入り、天候を読んで出発の2日前に剣岳行きを決めました。余裕をもっての2泊3日の山行です。
前日に食料を買い出しし、パッキング。小屋泊ですが、食物アレルギーの事情で全食自炊なので、だんなと2人分で14食+行動食を持ちました。ザックに詰めるとかなりの荷物量です。

初日は剣山荘まで

初日は移動日です。黒部アルペンルートの長野側、扇沢からアプローチしました。電気バス~徒歩(黒部ダム)~ケーブルカー~ロープウェイ~トロリーバス、と乗り継いで室堂へ向かいます。
IMG_20230801_083841
久し振りの室堂は、夏休みとあって平日でも賑わっていました。
室堂からは剱御前小屋を経由して、剣山荘へ。高山植物のお花畑(チングルマなど)が見ごたえありました。
P8010268
雪渓はかなり溶けて小さくなっていて、しっかり階段状に切ってもらってあったので歩きやすかったです。持参したスノースパイクは出番がなく、単なる重りと化しました。

剣山荘は剣岳に最も近い山小屋ですが、平日とあって空いていました。(シャワーが使える事に驚きました。)

いよいよ剣岳アタック
剣岳の岩稜の鎖場は厳しい上、団体のパーティとかち合うと渋滞するのが通説になっているので、早朝の行動開始が鍵になります。わが家は3時に起床し、朝食抜きでまだ暗い4時前に小屋を出発しました。
登山道の脇では雷鳥が盛んに「グェ~グェ~」と鳴いていますが、暗くてどこにいるのか全く分かりません。

ヘッドランプの明かりで他の登山者の気配は判りますが、前後に付くパーティはありません。焦る必要は無く、所々で行動食を頬張りつつ、じわじわ登っていきます。
DSC02887
日の出を迎えるとガスが出て、これが幸いしました。むしろ回りがよく見えない方が高度感が判らず、恐怖を感じにくかったです。

鎖場が辛い
前半の鎖場はまだ鎖が補助的な存在で、あまり頼らずに登れました。
が、前剣のピークを過ぎると厳しさ増し増しになり、5番目鎖場「前剣の門」からはマジか?!という状態に。ほぼ垂直の絶壁に鎖がかかっているだけに見えます。
DSC02882
※「前剣の門」では追い付いてきた男性に先行してもらいました

更に、取り付き手前の一本橋は幅30cm位で、手すりも何も無いものです。その下は奈落の底の様に何処までも切れ落ちています(多分です→怖くて下を見ていないので、実際の高度は確認不能)。

その後も「マジか~?!」という鎖場が次々現れ、体力的よりもメンタル的に辛い。一瞬「もう止めたい」と思うも、今更行くのも戻るのも地獄。そもそも剣山の山頂近くは上りと下りのルートが分けられているので、逆走もアカンし・・・

だんなも「ここで滑落したら遺体はどうやって回収されるのか」などと考えていた様ですが、私は滑落後のことまで考える余裕もなく・・・。
とにかく目の前の鎖場を「三点支持、三点支持…」と唱えながら攻略するのが精いっぱいでした。

やがてがれ場に出て、初めて山頂直下まで来ている事に気が付きました。いつの間にか、かの(登山者の間では)有名な「カニのタテバイ」も通過していました。
DSC02890N
※山頂直下から振り返った「カニのタテバイ」

DSC02890
※手前の壁面を拡大すると、今まさに通過中の人がいます。これを通って来たのか~

登頂!
途中休憩を入れつつも、ほぼコースタイムどおりの2時間半で登頂しました。やれやれ。
IMG_20230802_064339
※登頂しました!

山頂ではガスも取れ、快晴無風で360度の絶景でした。北アルプスの名峰の数々だけでなく、富士山も白山も・・・登った甲斐がありました!
IMG_20230802_064119
しばしの休憩の後、下山開始です。しかし、またあの鎖場を戻るのか~(泣)。

下山後は温泉だ
剣岳から無事戻った後は、剣山荘で遅い朝食を摂ってデポしたザックを回収し、室堂まで下山。
2泊目は雷鳥沢ヒュッテの源泉かけ流し温泉で、ゆっくり疲れを取りました。
DSC02963
※山スキーで泊まって以来、約30年ぶりの雷鳥沢の温泉。避暑にももってこいでした。

今回はふくらはぎだけでなく、普段登山では使わない二の腕や肩回りが筋肉痛になりましたとさ。

残るは5座
登ってみて、剣岳はやはり色んな意味で別格でした。山容もそうですが、辛さも難易度も。私的には奥穂高岳から大キレット経由の槍ヶ岳に次ぐ辛さでした。

実際、コロナ禍や、体調の面で登山から遠ざかっていた期間もあり、難易度が高い剣岳はもう登れないかも・・・と思っていました。
でも今回の剣岳登頂で、わが家の百名山踏破も可能性が復活しました。残すところ5座、草津白根山、北海道の3山(幌尻、羅臼、斜里)と富士山です。今となっては草津白根山が最も難易度が高いかも(噴火しちゃったので)。


その前の北アルプス山行はこちら、燕岳でした。

宜しかったら読者登録下さいまし<(_ _)>
 田舎暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
田舎暮らし

#北アルプス
#室堂
#黒部アルペンルート
#剣岳
#カニのタテバイ
#剣山荘
#雷鳥沢ヒュッテ


梅雨時ですが天候と休日の両方が揃い、北アルプスの燕岳(つばくろだけ)2,763mを登りに行ってきました。
DSC02727
燕岳は北アルプスの中でも登山者に人気の山です。ずっと気になっていた山でしたが、わが家は登った事がありませんでした。行ってみて人気の理由が分かりました。

人気の理由はこれだ!
燕岳の登山ルート「合戦尾根」は北アルプス三大急登の1つだそうですが、実際に登ってみて辛いよりもむしろ楽しいポイントが幾つもありました。

登山道はよく整備され、お休み処のベンチも立派なのが4ヶ所以上、小まめに設置されていて有難いです。
途中の合戦小屋では名物のスイカ(ブランドの松本市波田産)はハズせません。凄く美味しかった!
DSC02675
※皮近くまで甘~い!

道中、富士山や槍ヶ岳の穂先がチラ見えできるので、励みになります。高山植物も沢山咲いていました。
DSC02679
※道中、手前の馬の背越しに穂先だけのぞかせる槍ヶ岳

確かに緩くはない登りがずっと続きます。個人的には登り返しが何度も現れるよりも、ずっと上りっぱなしの方が有難いです(一旦下りに転じると、その後の登りがツラくなるので苦手です)。

山頂アタックも楽しい

山小屋「燕山荘」に着くと、目の前に木曽山脈がでーん!と広がり、槍ヶ岳も近くに見えます。燕岳の山頂越しには、立山・剣も望めます。北アルプスの名峰の数々が一気に拝めるこの眺望は、感動もの!
DSC02722
※木曽山脈が正面に広がります

山小屋に荷物を置き、身軽になって山頂に向かいます。侵食されて不思議な形に残った花崗岩が幾つもあり、目を楽しませてくれます。
IMG_20230704_121153
※これが(登山者の間で)有名なイルカ岩だ

コマクサの群生も花がピークでした。
P7040211
山頂はさほど広くはありませんが、景色は素晴らしく、ゆっくり堪能したいところです。
P7040197
※登頂しました!

山小屋「燕山荘」の人気の理由も
泊まった「燕山荘」は館内も綺麗に保たれ、スタッフの接客も良いです。時々開催されるミニコンサートも売りの様です(平日だったので行われていませんでしたが)。

喫茶コーナーでは珍しくスイスワインを扱っていました。世界遺産のラヴォー産です。
その赤ワインをだんなが1本空けましたが、下手なフランスワインよりも美味しかったそうです(山で昼から飲む酒は何でも旨いのでは?)。しかもヘリで荷揚げされて¥4,800/本の価格は良心的だとか宣ってました。
P7040225
残念ながら(私の食物アレルギーのため)自炊したので、提供される食事の良し悪しは分かりませんでした。この日はわが家以外、自炊客はいなかったようなので、多分、美味しいんじゃないかと思います。

しかし、体がついて行かない
非常に楽しい登山ではありましたが、ここの所まともに山に登っておらず、すっかり足の筋力が落ちていて、上昇量1,400mは登りも下りも後半が辛かったです。
翌日からの筋肉痛が半端なく・・・反省してます。自宅の階段で泣いております。


その前の北アルプス山行はこちら。昨年秋に行ってきました。

宜しかったら読者登録下さいまし<(_ _)>
 田舎暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
田舎暮らし

#北アルプス
#燕岳
#燕山荘
#合戦尾根
#スイカ
#イルカ岩
#コマクサ


このページのトップヘ