高原の小さな家で快適別荘ライフ

設計士さんによる、小さくて高性能な住宅を建て、夫婦2人で八ヶ岳の自然に囲まれた生活を目指して計画進行中です

カテゴリ:アウトドア > 低山

南信州の紅葉も見頃なので、お手軽紅葉狩りに行ってみました。向かったのは伊那と駒ヶ根にまたがる高鳥谷山です。

午後から20分でひと山
南信州のお手軽山に高鳥谷山(たかづやさん)1,331mがあります。眺望がいいとお知り合いから教えて頂いたので、行ってみたいと思ってました。
IMG_20221031_135241 (2)
伊那市と駒ヶ根市から登る2ルートがあります。今回は午後からなので、20分で登れてしまう伊那ルートにしました。

高鳥谷山を囲む利権?
登山口に行くまでの林道に驚きました。林道の脇が何キロにもわたり有刺鉄線とロープで厳重に囲われ、入山禁止とカメラ設置とキノコ採り禁止の札が到る所に設置されているではありませんか。
・・・こ、これは、もしやマツタケ山!

そういえば伊那は松茸の名産地です。だからこんなに設備投資して血ナマコになる訳だ。これまでに色んな山に登ってきましたが、マツタケ山の管理って初めて見ました。

Let’sハイキング
林道は車1台分の幅ギリギリの狭さでしたが、登山口の駐車スペースは結構広いです。
松茸の時期は終わっているので、やましい事は何もありませんが、気を取り直して登山口から歩き始めました。
IMG_20221031_140343 (2)
森に陽が射すと黄金色に光ってとてもきれいです。

山頂は絶景!
ちょちょっと登ってたどり着いた山頂は、予想以上に絶景でした。
IMG_20221031_141107 (2)

眼下に広がる伊那盆地と共に、宝剣岳を中心に中央アルプスのほぼ全容を180度で一望できます。
IMG_20221031_141112 (3)

背後には木立の間から南アルプスも!
IMG_20221031_142809 (2)

ベンチや東屋もあり、コーヒーを入れて赤いツツジを愛でながらティータイムとしゃれ込みました。
IMG_20221031_142701 (2)
15時を過ぎると途端に冷え始めるので、西日に照らされながら下山しました。


今秋は、ちょっと早めの紅葉を北アルプスでも見ましたよ。

宜しかったら読者登録下さいまし<(_ _)>
 田舎暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
田舎暮らし

#高鳥谷山
#伊那市
#駒ヶ根市
#ゆる登山
#紅葉
#中央アルプス
#南アルプス




朝夕が涼しくなってきたので、以前流行った「エクストリーム出社」をしてみました。勿論、なんちゃってです。

バイト前に、ひと山
なんちゃってなので、夕方からのバイトの日に一登りしてからの出勤です。午後から1時間程度で山頂に至って景色もそこそこの山・・・となると、あの山しか思いつかん!
1121虚空造山11月5日
※手前のピークが虚空蔵山

飯田市の風越山、の手前の虚空蔵山です。めちゃ低山です。

見立てが甘かった
結論からするとちゃんと登ってバイトに行けたのですが、かなり見立てが甘かったです。
IMG_20220925_150807 (2)
※登山道途中、分岐の標識

まずは家から登山口までの移動が、想定より時間を要しました。次に予想よりも汗をかき、出勤前にシャワーを浴びないとマズい、と大慌てで一旦帰宅しました。
ということでバイトの時間ギリギリになってしまい、あまり行程を楽しむ余裕が無かったです。

久し振りの虚空蔵山は
14時過ぎなのでこれから登る人はいないだろう、と思っていたら、トレランのトレーニングに来ている人などがちらほら。
IMG_20220925_145736 (2)
※山頂からの眺望

下山途中では、登山口近くでサルが萩の花を食べていました。ヒト(私)がかなり接近しても、大声を出して手を叩いても、全く動じません。ヒトが舐められ切ってますわ~

次回はエクストリーム出社の定義に則り、ちゃんと早朝に登るべき、かな。


その前のゆる登山は、蓼科の八子ヶ峰でした。1833mの低山(?)です。


宜しかったら読者登録下さいまし<(_ _)>
 田舎暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
田舎暮らし

#虚空蔵山
#ゆる登山
#風越山
#エクストリーム出社


蓼科高原の大滝キャンプ場に前泊して、ゆるく八子ヶ峰に登ってみました。

マイナールートで登ってみる
蓼科山の南西側に位置する八子ヶ峰。「ヤシガミネ」と読むそうです。この山、お手軽なのに標高は1,833mもあり、山頂から360度の絶景が望めます。

殆どの方はビーナスライン沿いの蓼科山登山口(女乃神茶屋)から登り始め、コースタイム1時間05分で山頂に至ります。
そこをあえてマイナールートで登ってみました。標高1,300mの大滝キャンプ場を起点に別荘地を抜けて「信濃自然遊歩道」を歩きます。コースタイム2時間45分で山頂に至る、ゆる登山です。

歩いているのは私1人?
朝7時半にキャンプ場を出発しました。9月中旬の平日とあって、キャンプ場も別荘地も閑散としています。ましてやこのルート、私以外誰一人歩いている気配が無かったです。
IMG_20220913_072719
コース上には動物の足跡や糞が多く残され、鹿以外にも沢山の何かがこの道を行き交っている様子。タヌキかな。
・・・もしや〝ク〇〟? 今日は熊鈴を忘れてきたんだよな~

変化に富んで楽しいコース
キャンプ場から続く別荘地を進むと、笹に覆われた自然林が広がっています。その勾配を我慢して登る事、数十分。ここを耐えると登りも緩やかになり、ちょっと楽しい尾根道へと変化します。
この時期、花は少なくほぼトリカブトでした。
IMG_20220913_075701
※明るい森の尾根道

遊歩道なので標識も踏み跡も明瞭ですが、何ヶ所かある分岐では進路をしっかり確認します。
大きな岩石をそこかしこで目にするので、蓼科山と同様に八子ヶ峰も噴火で出来たんかな? などと考えながら歩いていると突然、稜線が目の前に開けました。森林限界です。
IMG_20220913_083050
アルビレオヒュッテ(休業)の小屋が印象的な草原が広がっています。山頂が近く感じられ、一気に気分が報われます。

ここで蓼科山登山口からのコースと合流し、他の登山者も見かけるようになりました。

真の山頂はそう簡単に踏ませない
八子ヶ峰には山頂が2つあり、真の山頂は低い方の西峰とされています。このルートではすぐ踏める山頂は東峰です。東峰頂上は1,869mもあるのに草原の中にポツンと標識が立っているだけで、山頂感がありません。
IMG_20220913_084141
西峰へはさらに進んで登り返します。1,833mの西峰山頂はピーク感もあり、文字通り360度の大展望でした。
IMG_20220913_091809 (2)
※360度展望の西峰山頂

東に八ヶ岳、西に南アルプス、そして背後には蓼科山がどっしりとひかえています。これは確かに登る価値あります。
IMG_20220913_084251
※背後にはど~んと蓼科山

富士山も見えるそうですが、この日は高曇りで見られませんでした。


往復4時間のゆる登山
今回は風もなく、日差しもきつくなく、快適でした。変化に富んだコースで、楽しく登れました。山頂での休憩や下山途中での食事時間を入れて、往復4時間。総上昇量は600m。丁度、午前中で完結です。

別荘地エリアでは、道に小さな山栗が沢山落ちていました。山頂近くではトンボが沢山飛んでいて、木々も色付き始め、山の中はすっかり秋でした。
IMG_20220913_184751
※本日の戦果、山栗

ベースキャンプに利用した大滝キャンプ場では、管理人さんに色々と気遣って頂きました。ありがとうございます!


少し前に近場で登った山は風越山でした。なかなか山に行けてないです。

宜しかったら読者登録下さいまし<(_ _)>
 田舎暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
田舎暮らし

#八子ヶ峰
#お手軽登山
#大滝キャンプ場
#八ヶ岳
#蓼科山

南信で1年半だけの仮住まい中のわが家。折角なので、この期間中に南信の名所を訪ねておきたいです。

猛暑なので涼しい所に
今は標高の高い所に避暑に行きたい! ということで、この時期ならではの標高1,900m「御池山隕石クレーター」に行ってみました。
DSC02048
※しらびそ高原から望む南アルプスの稜線

しらびそ高原にぽつんと建つホテル天の川(旧・ハイランドしらびそ)にたどり着くと、
冷涼な風が吹く爽やかさに感動~。南アルプスが広がる絶景をしばし堪能しました。
このロビーで隕石クレーター関連の常設展示を拝見し、情報を入手しました。
隕石クレーターはここからでも歩いて行けます。 

日本で唯一の隕石クレーター
日本ではクレーターは火山や浸食でほぼ残らないそうです。そんな貴重なクレーターが日本で唯一、公認されているのが「御池山隕石クレーター」。ここも半分以上は崩落していて、残っているのは約40%です。
22276425
※クレーターのイメージ

クレーターは
衝撃を受けた岩石の痕跡の他に、中心から円を描いて重力異常が生じていて、それらが証拠になるそうです。2003年に隕石クレーターとして論文が発表されたので、最近の話だったんですね! 知らなかった~。

因みに隕石が落ちたのは、2~3万年前だそうです。

御池山までハイキング
クレーターの縁の一部がハイキングコースになっていて、標高1,905mの御池山山頂まで登れます。クレーターが歩けるなんて、希少な体験! なので4㎞ほど登って行ってみました。

・・・が、歩いてもクレーター感はよく分かりませんでした。

DSC02089
※御池山山頂の岩稜。
山頂からも南アルプスが望めました

山の反対側のくぼ地には、中郷御池という静寂な池があります。水の流入が無い小さな池ですが、枯れません。だからでしょうか、昔は雨乞いの神として信仰されていたそうです。

隕石クレーターといい、御池といい、御池山は神秘に囲まれています。これはパワースポットに違いありません(個人の憶測です)。
DSC02100
※中郷御池、水は少なかったです

コース上には
クレーターの縁が一望できる「丘の上展望台」もあります。展望台に来て、やっとクレーター感が感じられました。
DSC02105
※奥に見える稜線がクレーターの縁です

夏休み中ですが、歩いている人は他に2~3人見かけただけでした。こんなレア名所のある高原のハイキングコースなのに空いていました。

今回訪れたクレーター近くにも中央構造線の露頭があります。ここいらはジオサイトの宝庫です。


その前のお出かけは蓼科高原でキャンプでした。この夏は、いつにも増して標高の高い涼しい所に行きたくなります。


宜しければ読者登録下さいまし<(_ _)>
  田舎暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
田舎暮らし

#しらびそ高原
#飯田市
#隕石クレーター
#御池山
#ジオサイト

4ヶ月かかってようやく足指の骨折も治ったので、足慣らしに歩き始めました。

展望の良い虚空蔵山
町を象徴する山「風越山」と、その前山である「虚空蔵山」。どちらも中央アルプスの前衛峰です。風越山より虚空蔵山の山頂の方が南アルプスの眺望が良いらしいので、かねてより行ってみたいと思っていました。
1121虚空造山11月5日
※手前が虚空蔵山、奥が風越山です

本日は生憎の曇り空ですが雨が降る心配はなさそうなので、家で昼食を済ませてから、ゆるーく出かけました。登山口は家から車で15分位です。

レッツ!ハイキング
手前の公園の駐車場に車を停めて、出発です。
1121登山口
※虚空蔵山は風越山の途中なので、同じ登山口です

植林の間の登山道は広く、よく整備されています。そこそこの登りがつづら折れに単調に続きます。登っている間は殆ど景色は見えません。
1121分岐
所々に分岐があったり、特徴的な岩に名前が付けられていたりで、多少気がまぎれます。

登頂~!
虚空蔵山の標高は1130m。と言っても駐車場で既に標高634mあるので、上昇量は500mです。山頂まで丁度1時間でした。山頂にはちょっとした東屋とベンチもあり、休憩にはもってこいです。
1121山頂
※山頂の標識です。名前の由来は虚空蔵菩薩だそう

ここに来てようやく展望が開け、南アルプスと市街地が一望できました。
1121南ア
※本来なら白い北岳や間ノ岳が見えるはずですが、雲に隠れています

休日ですが遅い時間なので、他に誰もいません。
暖かい紅茶でちょっと一息。
1121街並み
※眼下に市街地を一望

11月も後半だと14時で既に日が傾いてきているので、冷え込む前にとっとと下山します。

下りでへろへろに~
登山というもの、登りより下山の方が足に来ます。ものすごく久し振りの山歩きなので、下山も最後の方でへろへろにバテて、集中力が続きませんでした。こんな時に転んだりして、怪我するんですよね・・・

たかだか往復2時間歩いただけですが、体力低下を甚だ実感。情けないです。勿論、2日後に酷い筋肉痛になりました(翌日ではありません)。
筋肉痛

お手軽登山が現実のものに
東京住まいの頃は一番近い山でも電車で1時間、越境してアクセスしてました。それが今や家から見えてる山だし、「昼食後だけど軽く登ってくるか」ってのが可能になったのが実に新鮮です。折角なので、まめに通う事にしよう。
次は虚空蔵山の奥にそびえる風越山に登らねば!


前回のハイキングはもっとゆる~く、島根で城攻めでした。


 田舎暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
田舎暮らし

#虚空蔵山
#風越山
#ハイキング
#南アルプス
#筋肉痛
#登山

このページのトップヘ