高原の小さな家で快適別荘ライフ

設計士さんによる、小さくて高性能な住宅を建て、夫婦2人で八ヶ岳の自然に囲まれた生活を目指して計画進行中です

カテゴリ:アウトドア > スキー

1月のある日、ようやく今シーズンの初滑りに出かけました。

50歳からシニア券
高速を使って1時間半ほどで行けるスキー場、木曽の「やぶはら高原スキー場」に初めて出かけてみました。
ここは50歳からシニア扱いとなり、1日券が3,400円と中高年に優しいスキー場です。
IMG_20230123_094041
更にこの日は月曜日とあってシニアデーだそうで、1日券が2,400円で買えました。なんと1,000円もお得!

初めてのやぶはら高原スキー場
出だしの山麓コースは極めて平たんで、これは直ぐに飽きるかなと思っていたら・・・
IMG_20230123_094100
スキー場入り口からは想像できないぐらい奥行きのあるスキー場でした。標高差は500m以上、山頂からの最長滑走距離は3.6㎞もあります。
IMG_20230123_124941
かなり滑り応えがありました。

積雪量は多くは無いものの、スノーマシンで雪は充分補充され、午前中であればコンデションは申し分ないです。(一部のコースは雪不足で閉鎖されていました。)

穂高の白い峰が!
ペアリフトを乗り継いで立ヶ峰山頂付近に到達すると、真北の方向にひと際白く輝く高山が見受けられました。
IMG_20230123_124723
北アルプスの名峰、奥穂高岳と前穂高岳です。こちら側から穂高を見るのは初めてです。それ以前に、見える事に驚きました。

ゲレ食もお財布に優しい
リフト券もお得で、コースもロングランが可能、名峰も望めてと申し分ないスキー場ですが、更に食堂もリーズナブル!
センターハウスのレストランほのぼのでは、すべてのメニューが1,000円以下でした。
IMG_20230123_113137
因みにこのハンバーグカレーは900円(税込)。実際に食べただんなは「かなりボリュームがあった」と申しておりました。

9時半~14時まで滑って、初日としては充分です。近場のスキー場としては満足しました。ここならまた滑りに来ても良いかも。もちろん、月曜日に!


先シーズンも家から近いスキー場で初滑りでした。

宜しければ読者登録下さいまし<(_ _)> 
 田舎暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
田舎暮らし

#スキー
#やぶはら高原
#シニア券
#レストランほのぼの
#初滑り

2022年のスキーシーズンも終了しました。私の最後滑走は、ニセコ山系の無名峰シランプリでした。
DSC01985
※宿から見える早朝の羊蹄山、すがすがしい~!

ニセコで春の山スキー
4月下旬の風の強い日でしたが、天候は安定していたのでニセコ山系の山スキーに出かけられました。この日がシーズン最終日となるので、山スキーに出かけられただけ有難いです。

今年も下界の雪解けは早いのですが、山の中はまだまだ雪が在ります。例年より早く開通したパノラマラインから取り付きます。
DSC01991
※安定のニセコアンビシャスさんのバックカントリーツアー

大沼を渡って
日差しはきついですが、気温はそんなに高くありません。汗をかくこともなく快適に登れます。
まず1本目。春らしく、均一に締まって滑りやすい状態の雪質です。
シランプリ大沼
※先頭が私でーす

手前の小ピークを滑り降り、大沼を渡って対岸へ。
DSC02011
※湖面を渡れるのもこの時期まで

シランプリに登頂
尖がったシランプリのピークには、細く切れ落ちた尾根をツボ足でハイクアップです。
ここは風がきつい! それでもピークの風下側で昼食を食べる事が出来ました。風さえ避けられれば快適です。
シランプリピーク
※景色は最高~! 日本海も見えます。


再び大沼に滑り降り、斜滑降でパノラマラインに戻りました。私の2022スキーシーズンが終了しました。
シランプリ滑走
※滑り納めの渾身の一本! 奥は山スキーに人気のイワオヌプリ

今回の画像はニセコアンビシャスさんのサイトからお借りしました。オーナー様、今シーズンもありがとうございました!


ハイシーズン中は、長野県内のスキー場にも何度か出かけてみました。


宜しければ読者登録下さいまし<(_ _)>  ブログランキング・にほんブログ村へ

#ニセコ山系
#山スキー
#シランプリ
#無名峰
#バックカントリー
#大沼
#ニセコアンビシャス

友人達に誘われて、数十年ぶりに斑尾高原スキー場に行きました。
斑尾には、まだスキーを初めて間もない頃に1~2回バスツアーで行ったかどうか、曖昧な記憶しかありません。当時と違って非圧雪コースが増え、ツリーランコースが設置されていることに、隔世の感があります。

県内でも流石に遠い

四駆の軽バンで早朝から出かけました。斑尾高原までは長野県のほぼ両端を縦断することになるので、同じ県内でも3時間半程かかりました。10時に滑り始め、友人達とは隣接するタングラムスキーサーカスのゲレンデ内で合流しました。

午前中は一時、空も見え、方向によっては素晴らしい眺望が開けました。午後には濃いガスに覆われましたが風や降雪は無く、概ね落ち着いた天候でした。
0129斑尾全景

パウダー滑走
斑尾高原スキー場は「パウダー/ツリーランコースの設置数が日本一(注」と豪語しています。そんな期待のパウダーコースですが、今回は滑走開始がやや遅かったのでほぼ滑りつくされ残っていませんでした。残念。
注)公式サイトの記述より。尚、ニセコと比較するとコースの幅や距離は短く、林の中は木が密で「コース数の多さ=満足度」ではない印象を受けました(個人の感想です)
0129斑尾パウダー
※本州のゲレンデでパウダーコースが充実しているだけでも感謝せねば。平日が良いかも。

それでも本州のゲレンデはどこに行っても(久しぶりで)新鮮です。斑尾高原は広いので、一通りリフトに乗って、場内の全コースを巡るだけで1日楽しめました。
0129斑尾パウダー2
※既に荒れている非圧雪コース

腰痛が転じた左足の坐骨神経痛に、非圧接コースの荒れた雪面の衝撃が響くので、それが辛かったのが残念でした。だんなは(人工雪のカチカチゲレンデとは違い)久し振りに新雪が滑れて、大変楽しかったようです。また行きたいと申しておりました。

今回は日帰りで
友人達とも久し振りに会えて、楽しさ倍増のスキーでした。誘って頂きありがとう~!!
0129斑尾県境
※ゲレンデ内に県境が!

残念ながら日帰り参加のわが家は、近くのこじゃれたプチホテルに宿泊する友人と別れて、夕方には帰路につきました。次回は是非宿泊して、朝からパウダーが楽しめたらいいな。
それまでに坐骨神経痛が治まると有難いです・・・


前回のスキーはハイシーズン中のニセコでした。


宜しければ読者登録下さいまし<(_ _)>  ブログランキング・にほんブログ村へ

#斑尾高原
#スキー
#タングラム
#パウダー
#ツリーラン

再びニセコに3泊4日でスキーに行きました。全道で暴風雪による交通障害が起こった隙を縫っての移動となり、滑走日数は3日間でした。内、山頂リフトが稼働し、スキー場外に出られるゲートが全てオープンしたのは最終日の1日だけでした。

スキーバスは高速道で迂回
初日、暴風雪の余波で、新千歳空港からニセコに向かう美笛峠が通行止めでした。スキーバスは高速道を使い、異例の洞爺湖経由となりました。20年以上このスキーバスを利用していますが、初めての事です。
23199164_s
※洞爺湖のイメージ。いつもなら支笏湖を見ながらの移動ですが・・・

結局、到着が1時間弱遅れ、初日は滑走を諦めました。

シーズン初の場外滑走
最終日にして、ようやくシーズン初の場外滑走を楽しめました。

3日間山頂リフトが止まっていたので、期待のオーバーヘッドパウダーたっぷり・・・
とは、残念ながらなりませんでした。南からの低気圧による破天だったため、湿った雪を強風がパックして、重くて浅い新雪でした。吹き曝しでは雪が無く、所によりシュカラブ。

風当たりの弱い林の中で多少ふかふかしていました。せめて滑走できたことに感謝しよう。
nisekorules_E
帰る日だったので、午前中が勝負です。1本目から場外に出て、G1ゲート(L字)を2回、G2ゲート(アンヌプリ山頂)から大沢に1回、G4ゲート(ヒラフ山頂)から東尾根2回と、山頂のガスが濃い中、エントリー。むしろ、ガスのせいでヒラフ山頂リフトが空いていて助かりました。
e822649f5643997b78ff1e6cc8d73d94
※東尾根のイメージです

一緒に滑った友人が体力のある方だったので、ついて行くのが大変・・・滑走よりもハイクアップや横移動でどんどん体力を消耗し、最後は空腹に耐えかねてました。

翌日は筋肉痛。それも腕が?!

こんなオチも・・・ 
今回、ビレッジのニセコゴンドラ山頂駅で、板とポールを持ったままゴンドラレーンに転落するという失態を冒しました。(何でそうなるの?)
ゴンドラに轢かれそうになり、ゴンドラ急停止後に救出されました。居合わせた皆様、驚かせて申し訳ありません。
285B45BB-05BF-4B66-A991-89078FC1AAD9-800x480
※私が轢かれそうになったゴンドラ

まだ、打った臀部が痛いです。(整形外科でレントゲン撮りましたが、単なる打撲で済みました(-_-;)


前回のスキーはある意味対極の、南信のヘブンスそのはらでした。


宜しければ読者登録下さいませ<(_ _)>  ブログランキング・にほんブログ村へ

#ニセコ
#スキー
#ニセコアンビシャス
#東山
#東尾根
#大沢

正月3日に家から最も近いと思われるスキー場、阿智村の「ヘブンスそのはら」に行ってみました。だんなの今シーズン初滑りです。

スキー用品が足らない!
当日の朝になってから夫婦そろって悠長にスキーに出かける準備を始めました。

私のスキー道具は殆どがニセコに置きっぱなしです。家に残っているスキー用品を探して、引越し以来開封する荷物を漁りますが、あると思っていたものが無い・・・引越しの際に捨てたかな?
案の定ゴーグルが無かったり(サングラスで代用)、手袋が無かったり(テムレスで代用)。南信の小規模なスキー場で、比較的暖かい晴れた午後に2~3時間滑るだけなので、何とかなるでしょう~

家から車で40分
そんなこんなで軽バンにスキー用品を放り込んで、10時過ぎに出発。途中のコンビニで昼食を買って、だんなと運転を交代し、食べながら移動しました。11時にヘブンス園原に到着です。

1時間弱で着くとは! こんなにスキー場が近いとは! 信州に引越した感があります。
0103ヘブンス駐車場
※駐車場で身支度中

ついにシニア券デビュー
ヘブンスそのはらは55歳からのシニア券が¥2700 と、まあまあお得です。ついに私も人生初のシニア券スキーです。
しかも久しぶりに見る紙のリフト券・・・リフト券ホルダー必須とは盲点でした。ここのホルダーは¥100 と、まだ良心的価格で助かりました。
0103ヘブンスキティ
※キティちゃんがお出迎え

ゴンドラ乗り場周りには殆ど雪が在りません? ここは滑って駐車場に戻ってくるような作りではないんですね。駐車場から長い長いゴンドラで移動して、ようやくゲレンデに到着です。
0103ヘブンスゴンドラ
※ゴンドラの長さは2.5㎞だそう、乗れるのは往復で1回限り

賑わってました
先日のクリスマスのニセコに比べると、かなりの賑わいです。それでもリフト待ちは殆どなく、ストレス無しです。
0103ヘブンスゲレンデ
※いまだスキーヤー限定のゲレンデ・・・バブル時代の名残を感じます

途中、休憩しようと山腹のレストランを覗くと、丁度お昼時とあって、ここだけは満席の込み具合でした(途中でお昼を済ませてきて正解でした)。

久し振りのかちかちゲレンデ
稼働リフトは3機。内、真っ当な斜度と距離のあるリフトは1機、コースも狭く、ほぼ1本しかない状態です。いざ滑り出すとコースの上部がカリカリに固く、ビビりました。おおっと、久し振りにこんなかちかちゲレンデに来ちまったぜ(汗)
0103ヘブンスコース

20年前に買ったサロモンの板は山スキーに使用していて全く手入れしておらず、なまくらエッジがてんで効きません。それでも我慢して何本か滑っているうちに横滑りでやり過ごす感覚も思い出し、まあまあ楽しめました。

南アルプスが絶景でした
ゲレンデからは南アルプスの白い峰が一望でき、絶景でした。
0103ヘブンス南ア

リフト上部からスノーシューで雪山ハイキングに出かけていたお客さんも、午後になってちらほら戻ってきていました。ここから富士見台高原に登れるようです。

14時で引き揚げ
何とか10回くらいはリフトに乗ったでしょうか? 13時も回ると段々冷えてきます。
休憩を挟んで3時間程滞在し、帰ることにしました。他のお客さん達はまだまだお楽しみ中なので、帰りのゴンドラが混む前が潮時です。

とまあ、だんなの初滑りはこんな感じでした。ヘブンスそのはら、また行くかな? スキーよりも雪山ハイキングに興味がそそられます。スノーシューではなく山スキーでは登れないのかな。 
 

因みに私の初滑りはクリスマスに新雪パウダーたっぷりのニセコでした(だんなには申し訳ないですが・・・)


よろしければ読者登録下さいまし<(_ _)>  ブログランキング・にほんブログ村へ

#ヘブンスそのはら
#スキー
#初滑り

このページのトップヘ