高原の小さな家で快適別荘ライフ

設計士さんによる、小さくて高性能な住宅を建て、夫婦2人で八ヶ岳の自然に囲まれた生活を目指して計画進行中です

カテゴリ:日々のこと > ささやかなグルメ

地域特性の強い食べ物をご紹介するシリーズ。今回は麺類の中で、キワモノ扱いされがちな『伊勢うどん』!

家庭で作る伊勢うどん
明治生まれの方々がご健在のころは、昼食は簡単に伊勢うどんで済ませる事も多く、生活に密着した麺でした。柔らかいので、体調不良の時も良く食べましたっけ。

もちろんお店で食べられますが、家庭ではスーパーで生麺と伊勢うどんのたれ(つゆとは言いません)を買ってきて作ります。生麺は冷蔵で売られている時から既に十分柔らかいです。
IMG_20230104_162255
※何年かぶりに生麺とたれを入手しました

久し振りに作ってみた
あらかじめ適量(40㏄くらい)のたれをどんぶりに注いでおきます。たまり醤油ベースのたれ(つゆ)の見た目に驚かれることが多いですが、さほど塩辛くないです。
IMG_20230104_192838
※これが適量・・・って、初見だとビビりますよね

2~3分茹でた生麺をどんぶりに投入します。麵がほぐれて芯まで熱々になっていればOKです。
IMG_20230104_193127
※お好みで刻みネギなどを散らして出来上がり!

麺をたれに絡ませて食べます。
IMG_20230104_193335
独特のたれと、もちもちした食感が伊勢うどんの良さです。
定番のトッピングは卵(生でも茹ででも)、とろろ、鰹節などお好みで。たれ(つゆ)が少ないので、あげや天ぷらなどは合わない感じですネ。

うどんの様な何か、と思ってください
太くてコシの無さから一部の人(多分、讃岐地方の方など)には「アレはうどんではない」と思われてそうです。その場合は「うどん状の何か別の食べ物」だと見方を変えて、素朴な美味しさを楽しんでもらえればと思っております。

思い起こせば半世紀ほど前まで、かの地ではうどん屋さんが伊勢うどんもラーメンも蕎麦も提供していました。
当時は手打ち蕎麦のお店など皆無で、コシという食感を知らない土地柄だったかも。すべての麺類が伊勢うどん様にコシが無くなるまで茹で切られてたような気がします。
23050137_s2
それは江戸時代のお伊勢参りムーブメントがもたらした、ガラパゴス的に進化した麺文化でした。伊勢うどんは大量に訪れる参拝客のためのファストフードとしてかの地を支え、それが今に伝わる(誇るべき)郷土食になっています。


その土地の食べ物の話題、前回の麺は名古屋名物「味噌煮込みうどん」でした。


 宜しかったら読者登録下さいまし<(_ _)> ブログランキング・にほんブログ村へ

#伊勢うどん
#生麺
#伊勢うどんのたれ
#伊勢名物
#郷土食
#お伊勢参り


先日は伊勢地域独特のお餅『やじろ』をご紹介しましたが、伊勢の餅といえば、ビッグネームはなんといっても赤福。その赤福にバリエーションが増えてました。

赤福白餅黒餅
伊勢名物「赤福」といえば、緩めのこし餡がたっぷり盛られた餅菓子が、紙箱にぎっしり並んだ和菓子ですが、最近こんなバリエーションが販売されているそうです。
IMG_20230102_112307
※パッケージも、いつものピンク色の包み紙ではないです

その名も「伊勢名物赤福 白餅黒餅」。んん・・・赤?白?黒?
お土産に戴いて、初めて存在を知りました。

その名のとおり白黒でした
数量限定らしく、いつも売切れていてなかなか買えなかったそうです。
そんな貴重な「赤福白餅黒餅」、早速戴くことにしました。開けてみると、白あんと黒あんの赤福が交互に並んで美味しそう~♪
IMG_20230102_133256
※おお~、確かに白黒だ!

白小豆あんと黒糖あん
白あんは、よくある白いんげん豆のあんではなく、白小豆から作られたあんでした。レアな白い小豆ってのがあるそうで、白くてもちゃんと小豆の味がします。
IMG_20230102_133230
そして黒あんは黒糖味です。昔から赤福では、毎年8月1日だけ「八朔粟餅」という黒糖あんと粟餅を組み合わせた赤福を売り出してます(私の好物です)。
でも、いつものお餅と黒糖あんの組み合わせの赤福は初めて戴きました。・・・黒糖のコクが旨い! 正月早々、初物(?)で縁起が良いです。

4色の赤福もあったとか
そして現在は販売されていないようですが、1店舗限定品で4色の赤福(いすず野あそび餅)も販売されていたとか。いつかお目にかかってみたいものです。


その土地の食べ物の話題、前回は伊勢地域だけで作られている『やじろ』餅でした。

 宜しかったら読者登録下さいまし<(_ _)>
 ブログランキング・にほんブログ村へ

#正月
#餅菓子
#赤福
#伊勢名物
#和菓子
#伊勢土産
#白餅黒餅


地域特性の強い食べ物をご紹介するシリーズ。今回はお正月に欠かせないお餅です。
お餅の地域性と云えば丸餅か角餅か、あるいは粟やヨモギなど、何かを混ぜたりしますが・・・

餅は「やじろ」
実家では代々、年末につくお餅といえば『やじろ』の角餅です。これはもち米とうるち米を半々に混ぜてついたお餅で、お餅の中にお米の粒が残っています。

もち米だけのお餅と違って伸びが少なくて歯切れが良く、独特のサクい食感です。
IMG_20230104_175850
この『やじろ』餅、そういえば他地域では見かけないなと思ったら、三重県の一部地域(松阪から伊勢にかけて)でしか作られていないそうです。
IMG_20230104_175909
※『やじろ』は断面に米粒が見えます

この事実、人生半世紀以上経ってから知った次第。今まで当たり前に食べていましたが、極めて地域性の強いお餅だったんですね!

お雑煮も「やじろ」
毎年正月にこの実家製『やじろ』餅を貰うので買った事がないのですが、この地域のスーパーでは売られているようです。そして一般的にはこのやじろを八丁味噌などの赤みそベースで雑煮に仕立てるようです、多分。

多分というのは、わが家では白菜とかしわを入れた醤油ベースのだし汁なので、赤みそではないんです。でも、このやじろの雑煮を食べると「お正月やな~」としみじみ実感します。
3094775_s
なので、私は普通のお餅よりも『やじろ』の方が好きです。

焼き餅も「やじろ」
もちろん、焼き餅もこのやじろで作ります。砂糖醤油を絡めたり、醤油を付けてから海苔で巻いたり、あるいはこの海苔醤油餅の間にチーズを挟むのも美味しいです(今は乳アレルギーになってしまったので食べられませんが)。
25329862_s
『やじろ』は粘りや伸びが少ないので、喉に詰まり難い比較的安全なお餅だと思われますよ。


その土地の食べ物の話題、前回は名古屋名物「味噌煮込みうどん」でした。


 宜しかったら読者登録下さいまし<(_ _)> ブログランキング・にほんブログ村へ

#正月
#お餅
#やじろ
#伊勢名物
#お雑煮
#焼き餅


ある日、急にステーキが食べたくなり・・・
焼肉日本一の町、飯田市で随一の名店と云われる「桒はら」さんをランチで訪ねました。

A5和牛の塊
私にとって滅多に食べる事のないA5和牛のステーキを食べる、豪華ランチです。
最初にこれから焼くA5のお肉を見せて下さったのですが、めっちゃサシが入っている! これは楽しみだ・・・
IMG_20221209_124927

鉄板焼きで!
肉量150gのコースを戴くことにしました。前菜に燻製マスのお刺身サラダき、卵スープの代わりのお味噌汁、お漬物とライスがついて3000円です。うーん、贅沢・・・
IMG_20221209_130754
待望のステーキはミディアムレアで焼いて頂きました。フレンチのシェフが焼く、とろける美味しさです~♪

ラムステーキも
だんなはラムステーキのコースをチョイス。こちらは1500円です。ふふふっ・・・勝った!
IMG_20221209_130709
骨付きラムも柔らかくて美味しかったです(1切れ貰いました)。

ジンジャーエールが好評
桒はらさんでは、早くも飯田市初のワイナリー「クロド・テンリュウ」のジンジャーエールを提供されていました。かなり好評を博しているそうです。
IMG_20221209_124948
※ワイナリーが造った本物のジンジャーエール「オージャンジャンブル」

果実からちゃんと醸造して、フレッシュな生姜を使っているので、巷のジンジャーエールとは香りも果実味も一線を画してます。ほぼノンアルコールなので、ドライバーの方や女性に人気だそうです。

現実は悲しい事に・・・
とまあ、だんなを差し置いて贅沢なランチを堪能した私ですが・・・

実はその後、激しく胃もたれし、その日は夜まで苦しい思いをしました。普段食べないA5和牛150gの脂は私のお腹では消化しきれなかったようです。元々、脂にはそんなに強くないタチなうえ、もう若くないと身に沁みました。
644464
次回は、反省して赤身の鹿肉などジビエにします・・・桒はらさんでは、予約すればジビエもランチで戴けるそうですよ!


前回の贅沢ランチは札幌の「ラ・フランス亭」さんでした。

宜しかったら読者登録下さいまし<(_ _)>
 ブログランキング・にほんブログ村へ

#焼肉
#食物アレルギー
#長屋門桒はら
#飯田
#鉄板焼き
#ステーキ
#A5和牛



所用で札幌に行った際、フレンチの「ラ・フランス亭」さんを訪れました。食物アレルギーを発症して以来伺えてなかったので、数年振りです。

牛乳と卵抜きで
バターが食べられるようになったので、久し振りのフレンチです。「ラ・フランス亭」さんでランチを戴く事にしました。こちらはお手軽な料金で、心のこもったお料理を工夫を凝らしてたっぷり出して下さるお店です。

事前に、(バターは大丈夫ですが)卵と牛乳的なものは抜いて頂くようお願いしたので、豆乳などで工夫して下さったそうです。ややこしいお願いにも快く対応して頂きました。ありがとうございます!

フルコースを堪能
最初に戴いたのは、まるでデザートの様なビーツのムースの前菜。ビーツの甘さが食欲をそそります。
IMG_20221122_121658
濃厚な玉ねぎのスープを挟んで、更に前菜が続きます。
たっぷりの道産野菜のピクルスと共に、色々な魚介のマリネがてんこ盛りです。海の宝石箱や~!
IMG_20221122_123836
魚料理はスズキのソテーに赤ワインソースと、旬のマダチです。軽い白身に濃厚な赤ワインソースが深みと香りを与えて、この組み合わせは絶品でした。
IMG_20221122_125847
マダチはバターとオリーブオイルの合わせ技でこってりし過ぎず、軽さが絶妙でした。

お肉はシャリアピンステーキを頂きました。各ホテルによって様々な調理法が工夫されているそうですが、こちらでは札幌グランドホテルの伝統的スタイルなんだそうです。北海道ならではですね!
IMG_20221122_131842
玉ねぎとハーブに醤油のアクセント?! 芳ばしさが肉の旨味を引き立てて、最後まで美味しくいただきました。

もちろん別腹デザートもたっぷり3種類。モンブラン、温州みかんゼリー、カボチャのムースをチョイス。
IMG_20221122_134608
この日は運良く、食後にシェフやマダム達ともゆっくりお話が出来て、本当に楽しいひと時を過ごしました。

IMG_20221122_162224
一足早くクリスマス気分でした。また行きたいです!


フレンチはほぼ1年ぶりでした。前回は恵比寿の「マッシュルーム」さんを訪れました。


宜しかったら読者登録下さいまし<(_ _)>
 ブログランキング・にほんブログ村へ

#フレンチ
#食物アレルギー
#ラ・フランス亭
#札幌



このページのトップヘ