高原の小さな家で快適別荘ライフ

設計士さんによる、小さくて高性能な住宅を建て、夫婦2人で八ヶ岳の自然に囲まれた生活を目指して計画進行中です

カテゴリ:日々のこと > 健康管理

オミクロン対応のワクチン接種4回目の予約券が届いたので、打ってもらってきました。

集団接種会場へGo!
3回目と同様、町の集団接種会場での接種を予約しました。2週間後には後期高齢者との接触機会が控えており、出来るだけ早く打ちたかったんです。
22046752
接種会場ではワクチン打つ人と患者(?)を押さえる人の看護婦さん2人態勢でした。
私はうっかり長袖のTシャツを着て行ってしまい、肩を出すのに苦労しました。

副反応は・・・
6時間後に上腕外側部が痛み始め、翌日は37度2分とやや微熱ありで、ぼーっとしてました。
3回目以降は概ね軽い副反応で済みました。これでも効いてくれるのかな。
22176044-1
1,2回目はモデルナで副反応が割としっかり出たので、反応が無いと物足らない?


2回目のワクチン接種の副反応、わが家はこんな感じでした。

宜しければ読者登録下さいまし<(_ _)>
ブログランキング・にほんブログ村へ 

#新型コロナ
#ワクチン接種
#副反応
#ファイザー
#オミクロン対応

ちょっとしたケガが続いています。

小指を縫合
調理中に包丁で左小指を切りました。今回のはやや深く、なかなか血も止まらなかったので、休日診療の外科で縫ってもらいました。それが12日目にしてようやく抜糸に至りました。
22614154
それまでの期間、患部を濡らしてはならぬとのことで、入浴や洗顔など日常生活にやや支障がありました。包帯がかさばってゴム手袋がはめられなかったんです。入浴時は左手にビニール袋をかぶせ、常に上げてました。

片手(右手)だけで身体を洗うのって、結構面倒です。抜糸の日まで長く感じました。
2558628

いざ抜糸
朝一で病院に行き、抜糸をしてもらいました。ちょちょっと消毒をして、物理的に引っこ抜く感じでした(自分は怖くて見ていません)。おじいちゃん先生には抜糸の糸がよく見えないようで、見落とされそうでした(看護婦さんがフォローされてました)。

抜糸当日も傷口を濡らしてはいけなかったです・・・
まだ患部もぶつけたりすると痛いし、傷口を直視する勇気もありません。しばらくは何かで覆っておきたい感じです。


縫った時のご報告はこちらです~。麻酔が効く前に縫われて痛かった・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ 
#切り傷
#外科
#抜糸
#縫合

足腰回りのケガに続き、指を切りました。とほほ・・・

包丁で切りました
玉ねぎをみじん切りにしていて、慌てていたのか左小指も切ってしまいました。
いつもより深く切った感じがあり、なかなか血も止まらなかったのでちょっとビビり、休日診療当番の外科に行きました。
1700582
こんな時、マニュアル車はシフトレバー操作に左手が必要なのでやや不便です。

問診無しに即手術
予め電話で止血方法など尋ねていたからか、外科に着くと問診も無く、いきなり診察台に寝かせられました。直ぐささっと小指回りを消毒すると、ぶすぶすっと指の付け根に2ヶ所麻酔を打ち、それも効いてこないうちに2針ほど縫われました。
全てが速かったけど痛かった・・・

何もかもがレトロな病院で、他に患者さんは居ず、白衣のボタンも絞めていないおじいちゃん先生が「昼間っからええもん食べるからや」みたいな話をしながら。
あぁ~、ここは昭和時代のままやな、と思った次第。
20220529小指を縫う
術後は破傷風の予防接種を肩に打って、化膿止めの内服薬を処方されました。お会計まで全てが20分以内で終了です。休日料金で1万円弱かかりました(ここだけは令和です)。
身にもお財布にも痛い結果となりました。

抜糸まで10日間
抜糸までは濡らしてはダメ、だけど血行が大事なので手は動かして下さい、と言われました。

こんな手指で食品を扱うバイトに行っていいのか? と思い、バイト先に相談すると「人がいないので、指サックしてなんとか出勤してほしい」とのこと。
こんな大きい指サックなんて無さそうです。しかもこの状態で9時間勤務です。即、前線復帰ですか・・・


昨年から骨折→腰痛→坐骨神経痛→靱帯損傷→切傷、と2カ月おきに何かしらちょっと怪我してます。どんくさいの極みです。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
#切り傷
#外科
#抜糸
#縫合

わが家では、足腰周りのケガが続いています。

概ねスキーが原因
3月にだんながスキーで立ち木に衝突し棘突起を骨折。未だ完治に至らず、腰が痛いと言っています。
sp001-2-1
※ネットで画像お借りしました。棘突起ってこんなところ

で、今回は私自身のケガです。

右膝の内側靱帯損傷
春の山スキーで右足の内側靱帯を損傷しました。

スキー板を履いて登っている時のことです。シールが効かず、急斜面をずり落ちて変な姿勢で転倒し、右膝を捻りました。ビンディングも通常外れない部品が外れたので、右足にかなりの負荷がかかったようです。

その後、膝は2日ほど腫れて痛みましたが、歩けるしスキーもできるので放置してしまいました(丁度休日続きの時期で、病院も休み)。
しかし2週間経っても違和感があり、うっかり捻るといまだ内側が痛い。観念して整形外科に行ってきました。結果、靱帯は切れてはいないが損傷しているので、出来るだけ安静にするように、という診断でした。

まあ、概ね自己診断の通りでした。今更ながらネット通販でサポーターを買って、膝を保護しています。
61C+6ZFwoGL._SL1000_
※アマゾンで購入。2000円台でしたが、違和感なく装着できています。

過去に左膝の内側靱帯断裂
過去にやっぱりスキーで転倒し、左膝の内側靱帯を完全に切りました。その時は明らかに「あっ!切れた」という衝撃がありました。
手術はせず、靱帯は今も切れたまま。そのため左足の筋力は右足に比べ、相当弱くなっています。

坐骨神経痛もあるよ
現在、左足は坐骨神経痛もあり、薬で痛みを抑えています。
1028287
昨夏には右足の親指を骨折し、足回りのケガが続いています。これも齢のせいですかね・・・


もともと私は運動神経も鈍いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
骨折
#靱帯損傷
#スキー
#バックカントリー
#怪我
#山スキー


昨年の足の親指の骨折に続き、わが家でまた骨折者が出てしまいました。

背骨の突起?
だんながスキーで棘突起を骨折しました。背骨から出ている突起状の骨だそうです。
sp001-2-1
※ネットで画像お借りしました。背骨の1個1個に突起があるんですね

林の中を滑走中にターンに失敗し、木に激突。腰を強打し、翌日の診察で骨折との診断になりました。

転倒直後、痛みと衝撃でしばらく動けずにいましたが、何とか起き上がって自力でレストハウスまで移動。パトロールの方に相談するも、タクシーを利用するか自力で戻るかの2択で、頑張ってシャトルバスに乗って自力で帰ってきてもらいました。

相当のダメージを受けた様子だったので、これはもしや骨盤とかにヒビ? と心配していたら、意外な部分の骨折でした。棘突起の骨折は何もケア出来ないので、痛み止めを飲んで安静にするしかありません。
22506695
※日によって痛みの度合いが違うようです。一進一退って感じでしょうか。

シャベルがガード
雪崩対策で、ザックにアルミ製のスノーショベルを携帯していたので、それが背骨のガードになったようです。これが無かったら背骨本体に影響があったかも、です。
41vJXLo0jnL._AC_
※本来の使い方とは違いますが、安全対策は大切ですね

春スキーは要注意
今回のケガはスキー場内でしたが、だんなのスキーの怪我は概ね、春のバックカントリーで起こしています。

当日は春の陽気が数日続いた後に、寒気が入ってまとまった降雪となりました。現場はスキー場の山麓で、多数の滑走跡の残る林です。荒れたクラスト面に薄い新雪が乗った状態で、滑走にはやや面白くないコンディションでした。
(滑走跡の少ない森の中は、底当たりせず楽しかったです。)

年々、運動神経も低下しているので、心せねばと改めて思います。
実家の父も風呂場で転倒して肋骨を骨折し、現在、自宅療養中です。


私のケガは、運動神経の鈍さによる事が多いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
骨折
#棘突起
#スキー
#バックカントリー
#背骨
#腰痛
#怪我


このページのトップヘ