高原の小さな家で快適別荘ライフ

設計士さんによる、小さくて高性能な住宅を建て、夫婦2人で八ヶ岳の自然に囲まれた生活を目指して計画進行中です

カテゴリ:日々のこと > ワイナリー

10年に一度の寒波で列島が震え上がった1月下旬、飯田初のワイナリー「クロド テンリュウ」ではジンジャーエールの仕込みが行われていました。

果実酒のエールがベース
クロド テンリュウのジンジャーエールは、果実酒を蒸留したエールとブランデーに、フレッシュな生姜エキスを配合して作っています。これらの原材料は全て自社製です!
IMG_20230126_105150
この加温タンクの中にはベースとなるエールが入っています。これからの仕込みの為に加熱殺菌中。
IMG_20230126_105033
温度計速の為にラップの蓋を外してみると・・・たちどころに果実味のいい香りが広がります!

自社製ブランデーを複数ブレンド
蒸留免許のないワイナリーだと、エールもブランデーももちろん作る事が出来ません。その場合は風味の無い醸造アルコールを仕入れて配合することになります。

この違いが蒸留免許のあるクロド テンリュウの強み! 自社蒸留のブランデー原酒を惜しげもなく投入できます。
IMG_20230126_105008
アルコール度数は軽く70%を超えており、キャップを外すとこちらも果実の豊潤な香りが漂います。そんな幾つかの原酒をブレンドして配合。す、凄い・・・これだけでも充分おいしそう・・・
注)このまま飲んだら気絶します

決め手はフレッシュな生姜エキス
そして届いたばかりの高知県産の生姜。
IMG_20230126_104515
新生姜とひね生姜の合わせ技で、この日搾りたての生姜エキスを即、配合します。
IMG_20230126_104907
※オーナー自らミキサーで生姜エキスを搾汁

これら3つの原材料にヘルシーなオリゴ糖で甘味付けします。生姜の香り高く、果実味の豊かなジンジャーエールはこうして造られています。
もちろん、添加物や香料などは使用していません。

私も買って帰りました
という訳で私もこの日、ジンジャーエール「Haute Gingenbre」を買って帰りました。炭酸で3倍に割るのが定番ですが、寒い夜はお湯割りにして飲んでみよう~、ふふふっ(^^♪
IMG_20230126_105915
※画像左がジンジャーエール「Haute Gingenbre」

そして画像右側は、瞬殺で完売したプリムール「CLOS DE TENRYU  2022 Muscat Bailey A 20:1」。お取り置きしてもらった1本を、一緒に引き取ってきました。この赤ワイン、東京のワインバーのソムリエさんも高評価だったそうですよ。


前回の「クロド テンリュウ」レポートは、真冬のピノノワール畑の様子でした。

宜しかったら読者登録下さいまし<(_ _)>
 田舎暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
田舎暮らし

#ワイナリー
#ドメーヌ
#南信州
#クロドテンリュウ
#飯田市
#ジンジャーエール
#ブランデー
#蒸留酒
#エール
#果実酒


真冬のある日、飯田のワイナリー「クロ ド テンリュウ」のピノノワール畑に行ってみました。

真冬のピノノワール畑
夏には青々と茂っていたピノの圃場もすっかり枯野になっています。奥に広がるリンゴ畑まで茶色く閑散としています。
IMG_20230118_103237
飯田は長野県では南に位置するのであまり雪が降らず、降ってもすぐ溶けてしまいます。

因みにこちらは晩夏のピノ畑でした。同じ圃場なのに印象が全く違いますね。
IMG_20220829_155127
※こちらは9月初めの様子です

絶好のロケーション
飯田はどちらかというと太平洋気候なので、やや冬型のこの日は快晴でした。圃場からは飯田の街や、風越山が一望出来ました。
IMG_20230118_103250
お隣のデントコーン畑だったところは真冬でも雑草が茂っていて、真冬の感じがしないです。

牛たちに見られました
圃場からの帰り、お隣の酪農家の牛舎を覗いてみると・・・見慣れぬ人間に牛たちが興味深々でした。
IMG_20230118_104337
モー(あんた誰?)、モー(何の用?)って口々に言われて早々に退散しました。


ワイナリーのシャトーからは、2022年のプリムール(新酒)が出荷されました。

宜しかったら読者登録下さいまし<(_ _)>
 田舎暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
田舎暮らし

#ワイナリー
#ドメーヌ
#南信州
#日本ワイン
#クロドテンリュウ
#飯田市
#ピノノワール
#シードル


お正月気分もすっかり抜けた1月のある日、飯田初のワイナリー「クロド テンリュウ」では、プリムール(新酒)の出荷準備に追われていました。
IMG_20230115_153653
※鋭意、出荷準備中

ワインの新酒はヌーヴォが日本ではよく知られていますが、これは収穫年の年末までに蔵を出荷するもの。プリムールは、翌年の3月末までに蔵を出荷するものと定義されています。

南信州産のベリーAでプリムール
昨秋収穫したマスカットベリーAで、美味しいプリムール(新酒)が出来上がりました。

画像左側が今回、1月に出荷される「CLOS DE TENRYU  2022 Muscat Bailey A 20:1」です。限定124本、参考小売価格3,000円
南信州産のマスカットベリーA20に対してメルローを1、ブレンドした赤ワインです。
IMG_20230115_153817
リンゴ酸が含まれ、マスカットのアロマを感じるフレッシュで軽やかな酒質で、アルコール分10.2%。
お勧めの組み合わせは、豚肉やハム、ソーセージの他、ボロネーズの様なトマトソースのお料理などです。この夏が一番飲み頃だそうですよ。(新酒なので2023年中に味わって頂きたいそうです。)

尚このワイン、業界関係者から大変ご好評を博し、既に完売したとのこと。あっという間でした・・・

ジンジャーエールやブランデーも
クロド テンリュウは醸造だけでなく蒸留酒の免許も有し、ワイン以外のお酒も造っています。
IMG_20230115_154151
南信州産のリンゴから造られたブランデー「L'eau-de-vie de pomme」アルコール40%、300ml

IMG_20230115_154054
こちらは果実酒から造られたジンジャーエール「Haute Gingenbre」アルコール2%、300ml
このジンジャーエールは濃縮タイプで、炭酸水などで3倍に割ると丁度いいそうです(割るとアルコールは1%未満になります)。寒い冬はお湯割りもお勧め。

ベーリーAで樽熟成中
今回リリースしたベーリーAは、プリムールの他に本格樽熟成中のもあるそうです。更に美味しく、深みを増した赤ワインとして再登場予定です。乞うご期待!
1194617_s
※樽熟イメージです

このベーリーA、私も収穫や仕込みをお手伝いしたので、他人(他酒?)な気がしません。


前回のある日の「クロド テンリュウ」レポートはシードルの仕込みでした。

宜しかったら読者登録下さいまし<(_ _)>
 田舎暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
田舎暮らし

#ワイナリー
#ドメーヌ
#南信州
#クロドテンリュウ
#飯田市
#マスカットベリーA
#プリムール
#赤ワイン
#ブランデー
#ジンジャエール



最強寒波到来の日、飯田初のワイナリー「クロド テンリュウ」では、名産のリンゴを使ったシードルの仕込みが行われていました。

糖度15° のリンゴ果汁
今回のシードルは飯田市の座光寺で栽培された『ふじ』を使用します。生食でも戴きましたが、とても大きくて甘く、適度な酸味と歯ごたえが美味しいリンゴです。
IMG_20221223_220024
※これがB級品とは思えません。ちょっとでもキズがあるとアウトなんだそう

JIS規格では糖度12° あれば良しとされるリンゴ果汁ですが、この『ふじ』から搾汁された果汁は糖度15° でした。丁寧に芯を取り除いて搾汁しているから、より糖度が高いそうです。
IMG_20221223_164846
ストレートのリンゴジュースとしても大変美味しいこの果汁を使って、贅沢にシードルを仕込みます。

オリジナルのタンクで一次発酵
一次発酵に使うタンクは、ワイナリーのオーナーが考案したオリジナルのステンレスタンクです。このタンク、超有名ワイナリーでも採用されているそうですよ。
IMG_20221223_171931
※愛称はサリーちゃん

サリーちゃんに3階から果汁を投入。一次発酵も特殊な酵母を使う事で、味に深みとまろやかさが加わります。
IMG_20221223_165056

瓶内二次発酵後に出荷予定
発酵後に炭酸ガスを注入して作られるシードルも多いなか、クロド テンリュウでは製法に瓶内二次発酵を採用しています。瓶内で酵母が生み出す、自然な泡が楽しめるシードルになります。
22854993_s
このように他の醸造所が行わない製法や設備を駆使して、美味しさを追求しています。

今回仕込んだシードルは、初夏に販売される予定だそう。暑さが感じられる季節には、きりっと冷えたシードルが味わえそうですね。


前回の「クロド テンリュウ」レポートは甲州の収穫風景でした。

宜しかったら読者登録下さいまし<(_ _)>
 田舎暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
田舎暮らし

#ワイナリー
#ドメーヌ
#南信州
#クロドテンリュウ
#飯田市
#シードル
#ふじ
#リンゴ


秋が一段と深まった10月中旬のある日、飯田のワイナリー「クロド テンリュウ」さんの甲州の収穫をお手伝いをしました。

甲州を収穫
山梨県固有の品種「甲州」は、鎌倉時代に発見されたそうです(諸説あり)。随分古い品種なんですね。現代ではほぼ醸造用ですが、昔は生食用でした。なのでそのまま食べても結構美味しいです。
IMG_20221018_084748 (2)
美味しいけど、種の周りの果肉がちょっと酸っぱいかな

アグリツーリズムで収穫体験
甲州も、先日収穫したマスカット・ベーリーAと同じ畑で収穫しました。
IMG_20221018_121250 (2)
※すっきりと晴れて、畑から南アルプスの稜線が見渡せます

前日の雨で更に気温もぐっと下がり、日中も涼しく快適に作業が出来ます。今回は名古屋のマダム達がアグリツーリズムで収穫と醸造を体験されました。
IMG_20221018_120630 (2)
※皆さま収穫体験を楽しまれていました

出荷と仕込みへ
今年の甲州は昨年よりも更に出来が良く、甲州は3日間かけて収穫しました。初日の収穫分は北陸の著名ワイナリーに出荷されました。
IMG_20221018_104037 (2)

甲州で作った「あさやけ」は大好評!
この後の収穫分はクロドテンリュウのシャトーで仕込みされます。白ワイン用の品種ですが、淡い紫色の皮ごと醸すと色が付くそうです。

因みに昨秋の甲州は房ごと破砕したジュースと、プレスした果汁をブレンドして醸造し、きれいなオレンジになりました。そのワインは「あさやけ」と命名。今夏に会員向けにプレ販売され、一瞬にして完売したそうです。
IMG_20220722_182252
※オレンジワイン「あさやけ」は左から2番目

大好評を博した「あさやけ」の他に、チャレンジ製品の「あさやけスパークリング」が仕込まれるかも!!

ベーリーAも収穫と選別作業をお手伝いしました。


宜しかったら読者登録下さいまし<(_ _)>
 田舎暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
田舎暮らし

#ワイナリー
#ドメーヌ
#南信州
#日本ワイン
#クロドテンリュウ
#飯田市
#甲州


このページのトップヘ