高原の小さな家で快適別荘ライフ

エスネルデザインさん設計による、小さくて高性能な住宅を別荘地に建設中です。夫婦2人で八ヶ岳の自然に囲まれた生活が始まるのももうすぐです。

カテゴリ: 住宅建設

新居に入居後も5月中にみぞれが降り、0℃まで外気温が下がった日がありました。こんな寒い日でも、わが家は6畳用のエアコン1台で家じゅう隅々まで寒さ知らずです。
IMG_20240511_054728
※早朝、家の周りはガスっています

さすがに窓ガラスが結露?!
こんな寒い朝はさすがに窓ガラスが結露している・・・と思いきや、よく見ると結露しているのは窓の外側! 内側は全く結露していません。
IMG_20240511_052951
これまで住んだ住居(実家の戸建てやマンション、アパート)では、0℃まで気温が下がるような日に暖房を使っていれば、間違いなく窓の内側が結露していました。というか結露して当たり前、という感覚でした。

ところが新居では窓の内側はまったく結露しないのです。高気密高断熱住宅、かつトリプルガラスの樹脂サッシ窓の効果を早速実感した日でした。

この家の真の実力はこんなものではないはず。居住地は厳冬期に-15℃以下になる寒冷地なので、高気密高断熱住宅の真価を発揮するのは次の冬までお預けです。

ちなみに昨冬を過ごしたアパートでは
引越し前に下伊那で住んでいたすかすかの安アパートでは、厳冬期の窓はこんな有様でした。
IMG_20230126_081322
複層ガラス窓の内側がバリバリに凍ってます。窓ガラスはもちろん、サッシ部分も酷かったです。
IMG_20230126_081304
いかにも低気密低断熱住宅を象徴する現象でした。


すかすかアパートではあれこれ寒さ対策に知恵を絞ってました。もうそれも過去の話です。

よろしければ読者登録下さいまし<(_ _)>
にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへにほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
 移住生活ランキング 
 田舎暮らし ライフスタイルブログ・テーマ田舎暮らし

#高気密高断熱住宅
#トリプルガラス
#樹脂サッシ
#窓の結露



いよいよ新居の引き渡しが近づいてきました。と、同時に住宅ローン「フラット35」の最終審査に向けても準備を進める事に。しかし・・・

引渡し前に転出転入
家もまだ完成しておらず、もちろん工務店さんから引渡しもされていません。それなのに、ローンの最終審査申込のために新住所の住民票が必要と言われました。
1517026_s
その為、引越し予定の3週間前に早々と仮住まいから新居の自治体に転入転出手続きをとりました。まだしばらく仮住まいアパートに住むのに、住民票は既に新居になってます。早すぎでは?

フラット35の不正利用対策?
少し前に、投資用物件購入に金利の安いフラット35を借りさせる業者の悪質手口が問題になりました。その対策に「本当にローンの借主本人が住むのか? 住むなら証拠を」と、ローン最終審査前に新居の住民票を提出させるのかな、と思いました。
5023459_s

結局、完了検査済書待ち
斯様な背景で金融機関にせかされ、家が完成する1週間以上も前に慌てて転入転出手続きをとりました。が結局、新居の完了検査済書が発行されなければローンの最終審査には入れません。
現在、完了検査待ちなので、こんなに急いで転出転入する必要は無かったのでは?


ローン審査中も色々と理不尽を感じる事がありました。

宜しかったら読者登録下さいまし<(_ _)>
  にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
にほんブログ村

マイホームランキング

#不動産売買
#住宅ローン
#住宅建築
#フラット35
#完了検査
#住民票
#完了検査済書
#住宅ローン審査




新居もほぼ完成したので、外構を整えて頂いています。アプローチと駐車スペースの砕石入れと転圧作業が行われました。

車のための砕石入れ
敷地内の車が乗り入れる範囲に砂利を入れて頂きました。砂利って、単に撒くだけかと思っていたら、そんな甘いものじゃなかったです!
IMG_20240417_133854

ユンボで地面を30㎝程掘ってから下地の砂利を厚く敷き詰めます。これも2tトラック何台分にもなったそう。
IMG_20240417_141300




転圧作業も二重に
折角敷いた砂利が散乱しないようにしっかり転圧します。ここでもキャタピラで転圧後、手作業で転圧機をかけます。二重にしっかり圧をかける訳ですね。
28524330_s

枕木は諦めました
アプローチの砕石には枕木も噛ませたかったのですが、材料だけでも1本1万円が20本以上必要とのことで、今回は断念しました。径20㎝以上の角材を埋め込むそうです。自分で枕木を埋められないかと思ったのですが、車が通るアプローチは素人の手作業で太刀打ちできるものではなさそうです。
25275226_s
※イメージです


アプローチの砕石転圧の前に、敷地内に残っていた配管を撤去してもらいました。

宜しければ読者登録下さいまし<(_ _)>
 
 
マイホームランキング
にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
にほんブログ村

#工務店
#住宅建築
#マイホーム
#別荘地
#注文住宅
#アプローチ
#砕石入れ
#転圧作業
#枕木


新居の建築が大きく遅れた原因の埋設廃管。その残りを撤去して頂きました。

過去の遺物に振り回されました
家の基礎工事を始めたとたん、発見された塩ビの配管。20年ほど前に埋設されたと思われ、別荘管理会社にも経緯が分かる人は既にいなくて、基礎工事は調査の間中断し、撤去の確認に手間取りました。
473764_s
※昨年、基礎工事開始直後に発見された廃管

無用のものだと確認が取れ次第、住居の基礎にかぶる部分だけ先に配管を撤去してもらいました。建設作業が再開できたのは昨年の10月、地鎮祭から2ヶ月以上経ってしまいした。

それから6ヶ月、4月に入ってようやくウッドデッキも完成し、残りの配管が撤去できるところまで漕ぎつけました。

南側の配管を撤去
残りの配管がまだ家を挟んで敷地内の南と北に埋まっています。方向的には間違いなく両隣の敷地にも延伸していると思われたのですが・・・

いざ掘り進んで頂くと、件の配管は南側の隣接敷地には至っておらず、わが家の敷地内で雑に折られて無くなっていました。
恐らく15年前のお隣さん基礎工事の際に、お施主さんに報告なしでかかる部分だけ撤去したと思われました。てきとーやなぁ。
IMG_20240406_075009
※敷地の南側から撤去された配管

北側も撤去
北側は予想通り隣接敷地内に延伸していました。境界から先のことは管轄外なので基礎屋さんも手は付けません。多分この別荘管理会社の体質からすると、次に事が起こるまで配管は放置でしょう。
IMG_20240406_110445
※敷地の北側に埋まっている配管

要らないものが地中から無くなって気持ち的にスッキリしました。やれやれ。
IMG_20240406_110832
※こちらも無事、撤去して頂きました! ありがとうございます

この想定外の埋設廃管が最初に見つかった時の様子はこちら。これで基礎工事が3週間遅れました。

宜しければ読者登録下さいまし<(_ _)>
 
 
マイホームランキング
にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
にほんブログ村

#工務店
#住宅建築
#マイホーム
#別荘地
#注文住宅
#埋設廃管
#別荘管理会社


わが家を施工して頂いている職人さん達、なかでも左官職人のプロの技術を実感しました。対して素人が初めて塗装するとどうなるか、それも思い知りました。

高品質の職人技が光る
プロの職人さんが塗って下さった2階の天井付近を是非見て頂きたいです。
IMG_20240401_082451
なめらかに塗られた珪藻土はしっとりとした印象があります。ほのかな陰影があって、私は美術館にいるような芸術性を感じました。これは間違いなくわが家のイチオシ部分です。(まぁ、自分ちなのでかなり親バカです。)

もちろんこれは廻り縁の無い、エスネルデザインさんの設計あっての美しさです。廻り縁があったら魅力8割減かも、です。板張りの天井も考えましたが(予算的に採用できず)、珪藻土にしてよかったです。

対して施主DIY部分は
自分達が塗った箇所は職人さん仕上げとはかなり風情が違ってます。
IMG_20240320_100920
※施主が最初の頃に塗った壁。寝室なので、速やかに眠れば塗りむらは目に入らないはず。

例えるならプロが塗った部分は絹ごし豆腐で、自分達のは木綿豆腐ですかね。
IMG_20240408_091454
※達人の職人さんによる滑らかな「絹ごし豆腐」の壁

コテ仕上げも様々な塗り方が選べるはずですが、如何せん素人にはそこまでの余裕がありませんでした。まともに塗ろうとするのがやっとです。

珪藻土の最後のチャンス?
建設中のわが家を手掛けて下さっている大工さん、左官職人さんは全員が70~80代だそうです。建築現場は技術を極めたこの世代に支えられていて、この方々の引退時期が迫っているのが現実です。

わが家にとっては珪藻土塗装という贅沢が選択できた、最後のチャンスだったかもしれません。


珪藻土塗装にトライするとはどういうことか、のご紹介はこちら!

宜しければ読者登録下さいまし<(_ _)>
 
 
マイホームランキング
にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
にほんブログ村

#工務店
#住宅建築
#マイホーム
#別荘地
#注文住宅
#珪藻土
#漆喰塗装
#施主DIY


このページのトップヘ